MENU

Webライターの将来性|稼げるスキルを身に付けて明るい未来へ

Webライターという仕事に興味があるけれど、将来性はあるのだろうかとお悩みではありませんか。

じつはWebライターの将来性は明るく、その需要は広がり続けています。

しかしWebライターにはなるだけではなく、稼げるようにならなければなりませんよね。

今回は稼げるスキルを身につけるための5つのステップアップ法をご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

目次

Webライターの将来性は確実に明るい

結論から言って、Webライターの将来性は確実に明るいと言えます。

それはなぜでしょうか。

Webライターの需要は広がり続けているから

昨今、Webライターの需要は広がり続けているからです。

インターネット媒体の需要と共に広がり続けています。

Web広告は広告手法の主流となっていく実情

Web広告とはインターネット上に掲載される広告のことです。

下のグラフから、Web広告は従来の広告手法に比べて広がりを見せ、広告手法の主流となっていることがわかります。

WebライターはWeb広告に関連する記事を書いているため、需要が広がり続けているのです。

出典:日本の広告費の推移グラフ(メディアレーダー)

今後もWeb上から文章は決してなくならない

インターネット媒体と言えば、画像・音声、動画といった他のコンテンツも増え続けています。

Web上で画像や動画が増える中、文章の必要性がなくなるかもしれないと不安に思うかもしれません。

しかし、Web上から文章や文字といったテキスト情報がなくなることはあり得ません。

文章は動画や音声に比べて最短で情報を得られるから

動画や音声に比べて、文章は最短で情報を得られます。

すばやく正確に情報を得るためには、文章が最良なコンテンツと言えます。

動画制作にもライティング技術は必須だから

動画制作にもWebライティングの技術が多く使われています。

Webライティングは、一般的に「PREP法」という形で書かれています。

PREP法とは

PREP法とは「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)」の順番で、展開される文章構成のことです。

動画作成もPREP法で形成されることが、現在の主流となっています。

動画制作には台本が必要であり、台本を書くというWebライターの仕事が増えているのです。

Webライターの仕事はAIにできるものではないので

AI(人工知能)がWebライターに取って代わるのでは、と考える人もいるでしょう。

しかし、AIには苦手なもの、できないことがあります。

Webライターの仕事は、AIにできるものではありません。なぜなら以下のような理由があるからです。

AIはクリエイティブな作業が苦手

AIは、ゼロから何かを作り出すといったクリエイティブな作業を苦手としています。

Webライターの仕事はクリエイティブな作業が多いので、AIには難しい仕事なのです。

AIは人の気持ちを汲み取った判断ができない

AIは人の気持ちを汲み取った判断ができません。

読者の気持ちを汲み取って、文書を書くというWebライターの仕事には不向きなのです。

参考:人工知能ができること・できないことは何か?これからの世の中はどう変わる?(久留米工業大学)

本当のところ「Webライターは飽和状態」ではない

「Webライターはすでに飽和状態なので、今から参入するには遅い」と考える人もいます。

結論から言って、本当のところは飽和状態ではありません。

参入しやすい反面、辞めていく人も多い

Webライターの仕事はパソコンとインターネット環境があれば誰でもはじめられるので、初心者でも参入しやすい仕事です。

場所や時間にとらわれないため、副業としてはじめる人も多くいます。

しかしその反面、読者の求める記事を書けずに稼げなくなり辞めていく人が多いという現状もあります。

Webライターを辞めていく人が多いのは、低価格で仕事をしている初心者が多いからです。

必要なステップアップをして成長する人が少ないために、初心者のままで稼げずに辞めていく人が多いというわけです。

「質のよい記事」を書けるWebライターは少ない現実

「質のよい記事」を書けるWebライターはまだまだ少なく、実のところ手が足りないという現実があります。

初心者レベルのWebライターが多く、そこからステップアップしていく人が少ないためです。

練習や勉強をして、Webライターの成長に必要なスキルを得ていく人が少ないからです。

そのためWeb上ではほとんど読まれない記事が非常に多く、質のよい記事が求められています。

質のよい記事というのは、単にアクセス数の多い記事ではなく内容のよい記事を指します。

内容のよい記事とは、次のポイントを押さえている記事と言えます。

内容のよい記事とは
  • 信頼性が高いこと
  • 情報が網羅されていて、読者のニーズに応えられる記事であること
  • わかりやすい文章であること

これらのポイントを押さえた質のよい記事を書くWebライターは、まだまだ足りないのです。

将来性をより明るくするための5つのステップアップ

Webライターの将来性をより明るくするには、初心者から上級者へと成長するためのステップアップが重要と言えます。

ここでWebライターの将来性をより明るくするために必要な、5つのステップアップを見ていきましょう。

SEOライティングを身に付けて儲かるライターになる

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字を取ったもので、「検索エンジン最適化」と訳されます。

Googleなどの検索エンジンで検索したときに、上位に表示されるよう調整されることを意味します。

「SEOライティング」とは、SEOを意識して書く手法です。

検索して上位にある記事は、実際に読者に読まれる記事です。

読まれる記事は広告効果の高い記事であるために、儲かる記事になります。

つまりSEOライティングというスキルを身につけることは、儲かるWebライターになるというわけですね。

特定分野に特化するなど、専門性を高める

Webライターが得意分野に特化するなど専門性を高めていくと、将来性はより明るくなります。

専門性の高い文章は信頼性を高めます。

資格を取得したり得意分野に特化していく勉強をすることで、ステップアップを図っていきましょう。

ライティング以外のスキルも身につける

Webライターの仕事は、ライティング(構成・執筆)以外のスキルも身につけていくとより将来性が明るくなります。

文章コンテンツ作成には、ライティング以外の工程も含まれるからです。

ライティング以外の工程とは、下に挙げたものなどです。

  • 画像の選定・挿入
  • 文字の装飾
  • WordPress投稿

ライティングに加えてこれらのスキルをもつと、報酬を上げることにつながります。

ライティング以外のスキルを身につけることも、大きなステップアップと言えます。

自身のブログでも収益を上げていく

Webライターは、自身のブログでも収益を上げていくことも大切なスキルです。

ブログは、自身の履歴や能力をアピールするためのポートフォリオになります。

ブログを書き続けていることは、ライターとしての実績にもなるのです。

さらには、ブログを収益化させていくことも大切です。

副収入になるばかりではなく、収益化できる記事を書くライターだという証明にもなるからです。

SNSを活用し、仕事の受注へつなげる

TwitterやフェイスブックといったSNSを活用することで、仕事の受注につなげる工夫も大切なスキルです。

Twitterやフェイスブックは文字を書くので、文章力の自己アピールになります。

日頃からのSNS活用が、仕事の受注につながります。

特化する分野によっては、画像の掲載に便利なインスタグラムの利用も効果的です。

稼げる力を身に付ければ、Webライターの未来は明るい

Webライターの将来性は確実に明るいことを見てきました。

まだまだ需要が広がり続けている市場と言えます。

Webライターの将来性をより明るくするためには、ステップアップが重要です。

将来性をより明るくする5つのステップアップを実践して、稼げるWebライターになりませんか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

専業主婦歴約30年を経て、Webライターデビュー。その後SEOライティングを習得し、SEOライターとしておもにココナラで活動中。ココナラデビュー後3ヵ月弱でプラチナランク獲得。以降、プラチナランク継続中。【薬事法管理者】資格取得

コメント

コメントする

目次
閉じる