MENU

Webライターに資格は必要?ライティング初心者向けの働き方も紹介

Webライター未経験・初心者の多くは、資格を取るべきか迷ったことがあると思います。

ここではWebライターとして歩み出すときに考える「Webライターになるには資格が必要か?」という疑問に答えながら、「未経験・初心者向けの働き方」や「資格をもつメリット」「初心者向けの資格」についてご紹介しております。

Webライターとしてキャリアアップしたい未経験・初心者の皆さまはぜひこの記事を参考にしてください。

目次

Webライターになるには資格が必要か?

Webライターに資格は必要?ライティング初心者向けの働き方も紹介

Webライターに資格は必要ありません。

なりたい人全員に「Webライターになるチャンスがある」からです。

しかし仕事の「位置付け」によって、資格取得がプラスになることもあります。

ここでは以下2つをご紹介します。

Webライターをメインの「仕事」とする場合

Webライターをメインの「仕事」として年収を得るためには資格が有利となります。

“求める技術:SEO2級レベル”のように「必要スキルを資格で表す」依頼もあり、能力証明のツールとして「資格」が活用されるからです。

プロライターの世界では、さまざまなジャンルのライティングに対応できるよう幅広いスキルと実績が求められます。

資格は能力証明の役割だけではありません。

資格の勉強そのものがライティングスキルを向上させるツールとなって、仕事のキャリアアップにつながるのです。

Webライターをサブの「バイト」とする場合

Webライターを「バイト感覚」のようなサブの仕事と考えるなら、資格がなくても困りません。

小遣い銭レベルのライティングであれば高度なスキルは求められないからです。

勉強時間を工面するより、その時間をライティングにまわし実績を積み上げるほうが有利です。

Webライターをサブの「バイト」とする場合は、実績の積み重ねがスキルの証明とライティングの向上につながります。

Webライターは未経験・初心者でもできる?

Webライターに資格は必要?ライティング初心者向けの働き方も紹介

Webライターは未経験・初心者でもできます。

Webライターはみな「未経験・初心者スタート」するからです。

ただしWebライターには、未経験・初心者に向き不向きの働き方があります。

ここでは主な2つの働き方と特徴をご紹介します。

社員として企業内Webライターになる働き方

  • 社員として企業に属しライティングをする
  • 固定給が見込める
  • 経験・実績を重要視される
  • キャリアのある中途採用が多い

  未経験・初心者には不向き

フリーランスのWebライターになる働き方

  • 個人で依頼を受けライティングをする
  • 収入が安定しない
  • 経験不問の依頼もある
  • クラウドソーシングには“初心者歓迎”の依頼が多数ある

  未経験・初心者向き

Webライター未経験・初心者が、企業内Webライターとして新規に採用される確率は低いでしょう。
希望の会社がある場合、まずは「経験・実績を積み重ねてから受ける」ことをオススメします。
フリーランスとして未経験・初心者OKの仕事にトライしたり、企業内Webライターのアルバイトをして受注実績と評価を積み上げていくのも1つの方法です。

Webライターが資格をもつメリットは?

Webライターに資格は必要?ライティング初心者向けの働き方も紹介

Webライターの世界は経験・実績が重要視されます。

しかし「資格の種類」「資格の取得時期」によっては、仕事上有利になることが多いです。

とくにWebライター未経験・初心者にとって資格は、経験・実績の無さを補うものとなります。

ここでは資格取得の3つのメリットをご紹介しましょう。

資格を取得するとこんなメリットがあります
  1. 「差別化」を図って「強み」をアピールできる
  2. 「知識を見える化」して「スキルを証明」できる
  3. 「体系的な学習」をして効率的に「スキルアップ」できる

「差別化」を図って「強み」をアピールできる

資格は「Webライターとして必要なスキルとヤル気がある」という強みになり、他のWebライターと差別化が図れます。

なぜなら資格が、Webライターとして「必要な能力がある」「資格を取得するほど意欲がある」ことを保証してくれるからです。

いつでも仕事ができる手軽さから、主婦・学生・会社員のダブルワークなどWebライターになる人が増えています。

応募者の中から採用されるには、他のWebライターにないものが「あなたのプロフィールにある」ことが大切です。

資格は差別化を図る指標の1つとなるでしょう。

「知識を見える化」して「スキルを証明」できる

資格はWebライタースキルを客観的に証明してくれます。

なぜなら資格は、出題範囲と合格基準が明確なので「資格3級取得=Webライターとして基礎的な知識がある」と誰もが客観的にわかるからです。

経験・実績を多数重ねてもどのくらいの知識があるのかわかりません。

知識を「見える化」し「スキルを証明」することは、依頼者の信頼を得てさらなる仕事の獲得にもつながっていくことでしょう。

「体系的な学習」をして効率的に「スキルアップ」できる

体系的な学習ができる資格の勉強は、Webライターのスキルを効率的に向上させます。

資格のほとんどは取得等級レベルの目安が設定されているため、体系的な知識を総合的に学習できるからです。

目安が「Webライティングを行う上で最低限のスキル」で設定されていると「Webライティング基礎」のほか「国語」「法律」「倫理」なども学習内容に含まれます。

資格を取得するための体系的な学習で、短期間に効率良くスキルアップできるでしょう。

Webライター初心者向けの資格は?

Webライターに資格は必要?ライティング初心者向けの働き方も紹介

ここではWebライター初心者向けの資格を3つご紹介します

Webライティング能力検定

引用元:一般社団法人日本WEBライティング協会 公式サイト

受検課目は以下6つとなり全級共通です。

1~5までの課目は4択です。

6のミニ論文については、記述式による200~300文字の文章作成となります。

1国語正しい日本語が使えるスキル
2Webライティング企業のHPやサイト、ブログなどのライティングスキル
3コピーライティング  メールライティング売れるライティング、メール対応のスキル
4SEO多くの人に見てもらい、売上に貢献できるSEOスキル
5倫理・法律、炎上対策トラブルを未然に防ぐライティングスキル
6Webライティングに関するミニ論文読み手に意図が的確に伝わり、信頼を得る文章が作成できるスキル

全級とも同じ問題を受け、取得した点数に応じて1,2,3級の等級が認定されます。

引用元:一般社団法人日本WEBライティング協会 公式サイト

各級には以下のような目安設定があります。

未経験・初心者が“Webライティング能力検定3級”を取得すると、Webライターとして「基礎的なスキルがある」と証明されるのです。

引用元:一般社団法人日本WEBライティング協会 公式サイト

Webライティング能力検定
難易度 :★☆☆
受験費用:13,500円(税込) *学割、DVDセット有

Webライティング技能検定

引用元:一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会 公式サイト 

「一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会」が主催する検定で、この協会の理事はクラウドソーシング各社の代表で構成されています。

月1回Web上で行われる90分の検定試験です。

クラウドソーシングで働くために必要な「ビジネスマナーや基礎知識」「文章作成技術」などから出題され、以下のような問題・点数配分となります。

4択問題50問1問 1点 計50点
実技ライティング問題4問1問50点 計200点
54問250点満点

合格すると「WEBライティング実務士」を獲得でき、合格者特典を受けられます。

引用元:一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会 公式サイト

合格者特典は、クラウドソーシングでの活動を後押しするような「記事報酬5%UP」「ボーナスポイント付与」などの優遇です。

Webライティング技能検定
難易度 :★☆☆
受験費用:6,000円(税込)

Webライター検定

引用元:クラウドワークス公式サイト 

クラウドワークス公式の検定です。

Webライター検定3級はWebライティングの基礎的な知識が問われます。

検定に合格するとプロフィール欄に合格証が表示されるようになり、Webライターとして必要な基礎知識があると証明されます。

引用元:クラウドワークス公式サイト

Webライター検定3級は無料のマーク式テストです。

Webライター検定
難易度 :★☆☆
受験費用:無料

Webライターにオススメする専門性の高い資格2選

Webライターの能力を向上させるため、専門性の高いオススメの資格があります。

  • ビジネス著作権検定
  • ファイナンシャル・プランナー2級

専門性の高い資格は、あなたの能力を証明する大切な要素となるからです。

あなたがWebライターとしての経験と実績を積み、次のステップや将来を見据えたとき

  • 得意分野を広げたい
  • 文字単価を上げたい

と思うかもしれません。

専門性の高い資格はそんなあなたの望みを叶え、他ライターと差別化を図るツールとなるでしょう。

ビジネス著作権検定

引用元:サーティファイ 公式サイト (一部抜粋)

情報や画像などの著作物を守る著作権の知識は必要不可欠となっています。

ネット情報のアップデートスピードが加速するなか、著作権トラブルが急増しているからです。

このビジネス著作権は、

  • 著作権に関する知識・判例
  • ビジネス実務における慣例・事例

を学びます。

あなたがビジネス著作権検定を取得することで、

  • Webライターとして気をつけるべき著作権の知識を有している
  • 著作権に関する専門性の高い記事が書ける

能力を証明できるでしょう。

2021年6月から「リモートWebテスト」がスタート!
自宅や職場で試験を受けられ、移動の手間もなく安心安全に受験できます。

ビジネス著作権検定
難易度 :★★☆
受験費用:初級5,100円/上級8,000円(共に税込)

ファイナンシャル・プランナー2級

引用元:日本FP協会 公式サイト (一部抜粋)

ファイナンシャル・プランナーは「お金」に関する悩みをサポートし、解決策をアドバイスする専門家です。

ファイナンシャル・プランナー2級(=FP2級)を取得すると、お金に関する高度な知識を有する「スキル証明」ができます。

つまりWebライター実績のあるFP2級取得者は、お金に関する専門性の高い記事を書くスキル保持者となるのです。

お金に関する知識は、個人だけでなく企業からのニーズも高いのは間違いありません。

仕事の幅が広がり、高単価案件獲得につながっていくことでしょう。

ファイナンシャル・プランナー
難易度 :★★☆
受験費用:学科と実技 8,700円(非課税)

「Webライターに資格は必要?ライティング初心者向けの働き方も紹介」のまとめ

Webライターに資格は必要?ライティング初心者向けの働き方も紹介

Webライターに資格が必要なのかを、未経験・初心者向けの働き方や資格取得のメリットと共にご紹介しました。

「キャリアアップ」したいと考える未経験・初心者の方は、この機会に興味のある資格を探してみるのもいいでしょう。

短期間で効率よく「スキルアップ」すれば、キャリアアップしたプロのWebライターとして仕事ができる日も遠くありません。また未経験・初心者ゆえの心配・不安は、資格を取得することで「自信」に変わるかもしれません。

資格を取るか取らないかは、Webライターの仕事を「どのように位置付けるか」で判断していきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる