MENU

在宅ライターバイトの評判|主婦や大学生や未経験者が実際に働いた声

在宅ライターバイトの評判|主婦や大学生や未経験者が実際に働いた声

近年在宅で働ける仕事やバイトが注目されています。

新型コロナウイルスが流行してからは、よりいっそう在宅ワークの価値は上がったことでしょう。

在宅でできるバイトの1つにWebライターがあります。

Webライターとは、企業や個人から依頼を受けた内容に沿って記事を作成する仕事で、パソコンとネット環境があればどこでもできる仕事です。

また文章を書く仕事なので特別な資格やスキルも必要ないため、在宅ライターは多くの人が気軽に始められるバイトでしょう。

そのため昨今は、在宅ライターのバイトに興味をもつ人が増えています。

こちらの記事では在宅ライターに興味のある人に向けて、実際に働いた人の声や評判を集めた在宅ライターバイトの実態を解説していきます。

目次

在宅ライターの働き方

まずはじめに、在宅ライターの働き方について紹介します。

とくに在宅ならではの特徴は大きく以下の2点です。

パソコンを使う|やりとりは基本的にオンライン

在宅ライターは文字通り、完全在宅でできる仕事といえます。

なぜならほぼすべてのやりとりが、以下の手段によって在宅で完結するからです。

  • メール
  • メッセージアプリ
  • オンライン会議

一部対面での打ち合わせが必要な働き方もありますが、ライター業のほとんどは在宅でできる仕事になります。

直接人と会わなくてすむ点は、働きやすさを感じる人も多いでしょう。

報酬基準が特殊

在宅ライターバイトの収入は、多くの場合「時給」ではなく「報酬」という形になります。

これは多くの仕事で、1記事あたりいくら(記事単価)、1文字あたりいくら(文字単価)といった基準によって報酬が支払われるからです。

たとえば「3000文字の記事を1記事書いて6000円」という仕事なら、6時間かかれば時給1000円の仕事になりますし、3時間で書き上げれば時給2000円の仕事になります。

  • 記事単価:1記事いくら
  • 文字単価:1文字いくら

在宅ライターのバイトをするメリット!実際に働いた人の評判

ここからは実際に、在宅ライターバイトを経験した人の意見や評判をお伝えしていきます。

実際に働いた人の評判をまとめると、在宅ライターバイトのメリットは大きく以下の4点です。

情報収集力や文章力が身につく【未経験者】

在宅ライターのバイトをするメリットの1つめは、情報収集力や文章力が身につくことです。

とくにライター未経験の方にとっては、たくさん得られるものがあります。

ライターの仕事をするうえで、わからないことはネットで情報を調べて文章にまとめることが多いです。

そのため、必然的に情報収集力が身につきます。

また文章力という意味でも、わかりやすく伝える能力はどの仕事においても活かされます。

仕事をする分野への知識が身につく【大学生】

在宅ライターのバイトをするメリット2つめは、仕事をする分野への知識が身につくことです。

これは就活などを控えている大学生の方にとって、とくに大きなメリットとなるでしょう。

なぜなら在宅ライターのバイトでは、記事執筆の際に情報が本当に正しいものなのかを調べる必要があるからです。

そのため必然的に記事を書く分野の知識が豊富になり、就活の際は面接などでアピールすることもできます。

好きな時間・好きな場所で働ける【主婦・大学生】

在宅ライターのバイトをするメリット3つめは、好きな時間・好きな場所で働けることです。

これはとくに子育て中の主婦や、勉強やサークル活動と両立させたい大学生にとって大きなメリットと考えられます。

好きな場所で働けるのは現代においては非常に魅力的であり、コロナウイルスの影響も受けづらいです。

また時間の融通が利くので、他のバイトとも両立できる点も魅力でしょう。

実績があれば稼げる仕事になる

在宅ライターのバイトをするメリット4つめは、実績があれば稼げる仕事になることです。

在宅ライターバイトは仕事を速く進められれば、その分効率的に稼げる仕事になります。

また実績があればより高単価の仕事を任せてもらえるようにもなるため、長期的に見るとスキルを身につける価値は大いにあるといえるでしょう。

そして効率よく情報収集ができたり文字を速く打てれば、フリーランスライターとして独立することもできます。

在宅ライターのバイトをするデメリット!実際に働いた人の口コミ

では反対に、在宅ライターバイトのデメリットについても触れていきます。

こちらもメリットと同様、実際にライターバイトを経験した人の意見や評判をまとめました。

デメリットは大きく以下の2点です。

しかし実際デメリットというよりは「在宅ライターの大変なところ」といった意味合いになります。

仕事に慣れないうちはストレスがたまりやすい【未経験者】

在宅ライターのバイトをするデメリット1つめは、仕事に慣れないうちはストレスがたまりやすいことです。

その理由として、ライティング作業に慣れないうちは1つの記事を書くのにも時間がかかり、報酬も割りに合わないことが多いからです。

また在宅で仕事をしていると、その場で質問ができないことのストレスもあるでしょう。

仕事に慣れれば自分のペースが見つかると思いますが、在宅ライターは仕事に慣れるまでの期間がストレスもたまりやすく、大変だと考えられます。

友達ができづらい【主婦・大学生】

在宅ライターのバイトをするデメリット2つめは、友達ができづらいことです。

在宅ライターの仕事は、基本的に誰とも会わなくても仕事が完結するからです。

アルバイト先で友達ができると、アルバイトに行くのが楽しくなることでしょう。

しかし在宅ライターの場合、やりとりは基本的に担当者とオンライン上でのみ。

つまり友達ができづらい環境にあるのです。

在宅ライターがアルバイトの仕事を探す方法

これまでご紹介した在宅ライターのメリットとデメリットを読まれて、「在宅ライターの仕事をしてみたい」と思った方もいるでしょう。

そこでこの章では、在宅ライターバイトの始め方についてご紹介します。

代表的な方法は以下の2種類です。

求人サイトから応募する

在宅ライターがアルバイトの仕事を探す方法1つめは、求人サイトから応募することです。

代表的な求人サイトは、タウンワークやIndeedなどがあります。

求人サイトを使って応募することのメリットは以下の通りです。

  • 比較的高単価な案件が多い
  • 専門メディアの担当になるため、アピールできる実績を作りやすい

ある程度ライターの経験がある方や、今後長期的に在宅ライターとして仕事をしていきたい方にはおすすめの方法です。

反対に、求人サイトを使って応募することのデメリットは以下の通りです。

  • 単発の仕事があまりない
  • ある程度実績がないと採用されない案件も多い

そのため完全にライター未経験者の場合、たくさんの求人案件に応募してもなかなか仕事に結びつかないこともあるようです。

クラウドソーシングサイトを活用する

在宅ライターがアルバイトの仕事を探す方法2つめは、クラウドソーシングサイトを活用することです。

代表的なクラウドソーシングサイトは、以下の3つがあげられます。

クラウドソーシングサイトを使って応募することのメリットは以下のとおりです。

  • 完全未経験でも、仕事を獲得しやすい
  • 仮払いシステムがあるので、報酬の未払いが起こりにくい

クラウドソーシングサイトは全体的に、在宅ライター初心者にとってはありがたいサービスが揃っています。

反対に、クラウドソーシングサイトを使って応募することのデメリットは以下の通りです。

  • クラウドソーシングサイトに約20%の仲介手数料がとられる
  • 高単価な案件はライバルが多い

どうしても直接契約に比べて報酬が低くなりがちなことと、参入障壁が低い分、多くのライバルが存在することがデメリットといえるでしょう。

Webライターは在宅ワークで稼げるおすすめの仕事!

結論として在宅Webライターは大変なことも多いですが、スキルと実績を積んでいけばだんだんと稼げるようになる仕事です。

また時間と場所の融通も利くといった、今のご時世にとってはありがたい魅力もあります。

この記事で在宅ライターバイトの実態について解説しましたが、記事を読んで在宅ライターバイトに興味をもてた方は、ぜひ1度実際の仕事に応募してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

↓登録無料のメールマガジン講座はこちらから

メール講座バナー

コメント

コメントする

目次
閉じる