MENU

Webライターはきつい?続けるメリットとつらい時期の乗り越え方ご紹介

「Webライターを始めたけど稼げなくてつらい」

「Webライターに興味があるけどきついと聞いて迷っている」

「Webライターを始めたばかりだけどきつくてやめたい」

といったことでお悩みではありませんか。

フリーランスのWebライターは最初の数ヶ月間は苦労しますが、継続する価値のあるお仕事です。

しかし最初のつらい時期を乗り越えるのが大変ですよね。

今回はWebライターがきついと言われる理由について答えながら、つらい時期の乗り越え方、乗り越えた先のメリットを紹介します。

目次

Webライターはきついと言われる実情

Webライターはきついと言われる実情

Webライターを始めたばかりの頃は誰もが苦労をしています。

初心者ライターが苦労している姿をSNS上で見たことがある方もいるのではないでしょうか。

ここでは「始めたばかりの時期」「始めて1~2ヶ月頃に」分けて、きついと言われる理由を紹介します。

始めたばかりの時期

どんな仕事でも始めたばかりのときは慣れるまでが大変ですよね。

Webライターを始めたばかりの時期につらいと感じる理由を3つ紹介します。

仕事を取るのに苦労する

フリーランスのWebライターは、最初の頃は仕事を獲得するのに苦労します。

なぜなら初心者はまだ実績がないからです。

一般的にフリーランスのWebライターは自分で仕事を探して応募し、選考時は実績が重要視されます。

また応募文のコツがつかめていないと、たくさん応募してもなかなか通りません。

まずはお仕事のスタート地点に立てなくてつらい気持ちになりがちです。

  • 最初は未経験者向けの案件に応募する
  • 個人ブログなどを実績にして応募する
  • 応募文のコツを研究する

単価が安い

初心者が受ける案件は単価が安いので、なかなか稼げないつらさがあります。

文字単価が0.1円~0.5円程度のものが多く、5,000文字書いたとしても500円~2,500円と安いです。

始めは1記事書くのに何日もかかるため、時給換算してしまうとやめたくなる気持ちも出てきますよね。

  • 経験やスキルに応じて単価は上がっていくので継続あるのみ!

リサーチにも書くのにも時間がかかる

始めの頃はリサーチするのにも書くのにも時間がかかります。

リサーチや構成、執筆の進め方が身に付いていないと、執筆しながら構成を考えたりリサーチしながら執筆したりと効率の悪いやり方をやってしまいがちです。

時間がかかると心身ともに疲れるだけでなく、稼げずにつらい思いをするでしょう。

  • リサーチ→構成→執筆の進め方をまず身に付ける

始めて1~2ヶ月頃

少し慣れてきた1~2ヶ月目頃は、無事にお仕事をスタートできたもののコントロールがきつくなる時期です。

ここでは1~2ヶ月目頃につらいと感じる理由を3つ紹介します。

自分のキャパシティを超えて受注してしまう

ライティング案件を獲得できるようになると、キャパシティを超えて受注してしまいがちです。

なるべく仕事のチャンスが欲しい時期なので、ついたくさんの案件を抱えてしまいますよね。

自分のペースや限界を把握しきれていない状況で無理をすると、いっぱいいっぱいになってしまいます。

  • 自分のペースを把握し無理をしない
  • 合わないものや厳しいものは取捨選択することも大事

孤独を感じてつらい

最初の頃はとくに、孤独感でつらい時があります。

フリーランスのWebライターは基本、一人で机に向かってやる仕事です。

会社員など外の組織で働いていた人はとくに、人と会う機会がなくなると孤独を感じるようになりますよね。

  • SNSやオンラインコミュニティを活用して、Webライター仲間と交流する

モチベーションが保てない

一人でもくもくとやっていると、いかにモチベーションを保つかに苦労します。

初期のころは長時間やってもなかなか稼げず、やる気がでない、このまま続けて良くなるのか、といった気持ちが出てくることもありますよね。

Webライターはいつでもどこでも一人でできるだけに、モチベーションが下がってしまうと一人でつらい気分になります。

  • Webライター仲間と交流してモチベーションを保つ

Webライターの仕事を継続するメリット

Webライターの仕事を継続するメリット

Webライターの初期は心身ともに大変ですが、きつい時期を乗り越えたら継続するメリットを感じられるでしょう。

ここでは継続して得られる3つのメリットを紹介します。

やった分だけ収入が得られる

正社員など基本固定給の働き方とは異なり、Webライターはやればやるだけ収入を得られます。

なぜならフリーランスのWebライターの仕事は、個人のやる気と能力次第だからです。

やった分だけ収入を得るコツ
  • 効率を上げてより多くの量をこなす
  • 専門分野を持って単価を上げる
  • WordPress入稿作業など執筆以外のスキルも付けて単価を上げる

経験を積んでスキルや効率を上げられるようになると、収入アップにつながります。

やった分だけスキルになる

Webライターをやればやるだけ、スキルが身に付きます。

実際に文章を書くことで文章スキルはどんどん上がっていくものだからです。

文章スキルはライターの仕事に限らず、他業種や生きていくうえで必要なスキルと言えます。

ライターを継続することで個人のスキルが身に付いていき、仕事の幅も広がりますよ。

仕事の選択肢が広がる | 副業でも働ける

Webライターは仕事の選択肢を広げることにもつながります。

パソコンがあればWebライターを始められるので、会社員の副業としてやったり他事業とあわせて複業したりもできるからです。

現代は会社員など一つの収入源に頼るのはリスクがあるとされている時代です。

Webライターのスキルで仕事の選択肢が増えるとより安心できますね。

やめたいと思う時期を乗り越えるコツ

やめたいと思う時期を乗り越えるコツ

Webライターを継続するメリットはあると言っても、つらい時期を乗り越えるのが大変ですよね。

そこで、初期のやめたくなる時期を乗り越えるコツを紹介します。

最初は稼げないものだと受け入れる

最初は誰もが稼げないので、稼げなくてもこれが普通だと受け入れるようにしましょう。

今は順調な人でも、最初から稼げていたわけではありません。

多くの人は文字単価0.1円~0.5円からスタートし、きつい時期を乗り越えて今があります。

誰もが通っている道だと受け入れて、まずは半年間など目標を決めて継続してみてくださいね。

ライターのコミュニティを活用する

SNSコミュニティ、オンラインサロンなどを活用して、同じ目的をもつ仲間と交流しましょう。

Webライターは一人で働くことが多いので、モチベーションの維持に苦労します。

きつくて悩んだりやる気がなくなったりしたときに、仲間がいるとモチベーションが上がり楽しく乗り越えられるでしょう。

ライターのコミュニティ
  • SNS上で募っているコミュニティ
  • オンラインサロン
  • オンライン講座のコミュニティ

ロールモデルになる人をイメージする

今の自分ばかりに目を向けず、ロールモデルになる人を常にイメージしましょう。

きつい時期の先にはこうなれるというイメージを持つことが、今を乗り越えるモチベーションになりますよ。

ロールモデルになる人の探し方
  • コミュニティ
  • note
  • ブログ
  • 電子書籍

直接交流できるコミュニティ以外に、SNSなどでロールモデルを探してみるのもよいでしょう。

最近は、初心者から稼げるようになるまでの経験を公開してくれている人も多いので、参考にしてイメージしてみてくださいね。

Webライターはきついけど乗り越える価値がある!

Webライターはきついけど乗り越える価値がある!

Webライターはきついと言われる実情を、つらい時期の乗り越え方、乗り越えて継続するメリットとともにご紹介しました。

誰もが必ず通る、初期のつらい時期を乗り越えれば、やった分だけ稼げて個人のスキルでやっていける未来が待っています。

未来をイメージして、仲間と交流を楽しみながら乗り越えていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる